和みの風日記 十勝の空から宿だより

アクセスカウンタ

zoom RSS 40歳の朝

<<   作成日時 : 2013/03/29 06:44   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

今日で私は40歳になりました。
今までにない位、感慨深い感じです。
今日はちょっとそんな話を。

丁度10年前、30歳になった時、その時は息子が生まれて5ヶ月でした。
食物アレルギーがひどくなり、大変な日々を送っていました。
「寝ない、掻きまくる、食べるものがない」の生活だったので、
30歳になった事なんて何にも感じなかったように思います。
正直それどころではありませんでした。

それから10年。
宿の計画を進めて、2008年にオープン。
そして、今年で6年目になります。

かぁちゃんには看護教員という安定した仕事をやめさせてまで始めた宿。
忙しい時は子供達にも我慢させてばかりで、
本当に申し訳なく思ってます。
さらに、生活は楽ではありません。
この仕事を選んで本当に良かったのかと思う事もしばしば。

最近よく考えるようになりました。
家族を守るってなんだろう、
夫婦ってなんだろう、
人を大切に思うってなんだろう…と。

画像

そして、今日40歳。
なぜかはわかりませんが、私は「死」についてとても興味があります。
だからこそ緩和ケア病棟(ホスピス)でも有意義に仕事が出来ました。
かぁちゃんにも子供達にも伝えていますが、
私は今死んでも、、それほど思い残す事はありません。
それは諦めなどではなく、十分にしたい事をしているから。
確かにまだしたい事はありますが、
運命には逆らえないとなぜか感じられます。

病棟で働いている頃も有意義でしたが、
宿を初めたからこそ出来た体験をたくさんさせてもらえました。
宿のために始めた訪問看護で
色々な方の生活の場を見て、それぞれの想いに触れる事が出来ました。
人口が1万人しかいないこの田舎で生活をして、
人との繋がり、そして食べ物のありがたさを知ることが出来ました。

これから、日本はどこに行くかわかりません。
それでも、家族4人で毎日一緒にご飯を食べられる事は、
本当に幸せな事なのだと強く思うようになりました。

こんな風に思えるようにさせてくれた事に感謝です。
私を生み育ててくれた両親、
私を支えてくれた方達、
笑顔で遊んでくれる子供達、そしてしっかりついて来てくれるかぁちゃん。
みんなに「ありがとう」と言いたいです。

あと何年生きられるかわかりませんが、
自分の信じた道を進みたいと思います。
それが子ども達にも伝わればいいですね。

そんな事を、40歳になって考えています。
10年後、この文章をどんな思いで読み返すのでしょうかね。
少し楽しみです。
そして皆さん、これからもよろしく。


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ランキング参加中
  現在「十勝情報」ランキング10位前後にいます。
さて今日は何位かな〜?
  とても励みになるので、今日もクリックお願いします
画像画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ブログに初コメント、失礼致します<(_ _)>

わたしは、小学1年生で性暴力にあい、
おそらくそれを境に、今までずっと自殺願望を持ち続けていました。
中学2年生では、さらにイジメにあい(浮いてたんでしょうね)、
人が自分から去っていくのが怖い、というか不安というか・・・
とにかく、相手が望むような人を作り上げ、そこに自分を当てはめ、
でも、それが苦しくて、もがき続けてきました。
なので「死」という言葉は、常にわたしの傍に存在していました。
それは、ぎんぎんのように、今が充足しているから、
いつ死んでもいい、という気持ちではなく、諦念からですね。

32歳で乳がんになった時、40歳まで生きれば天寿を全うした
って思えるような気がする、って思ったのが記憶にありますが
その時も「もう、生きるの疲れちゃった。」という思いでした。

母親は、人はみんな平等に「幸せの袋」と「不幸せな袋」を
同じだけ持っているのだと、時々言っています。
今のわたしにとっては、そういう言葉もあまりピンときませんが
とにかく、今は、粛々と、感謝と謙虚な想いで、
入院生活を続けていこうかと思っています。

長文になってしまって、ごめんね(^_-)-☆
なお先輩
2013/03/29 07:23
学生の時は、そんな過去があったと
とても思えない様な雰囲気でしたよ。
元気でいつも楽しそうで。
でもつらかったんですね。
ただ、作り上げてた自分もやっぱり自分なのだと思います。

例えば、家の鍵を落としたらとても不幸に感じますよね。
それが運良くすぐに見つかったらとても幸せに思うでしょう。
始めから見れば何も変わっていないのに幸せを感じます。
何もなく、不幸も幸福も感じない人生と、
いろいろあって不幸も幸福も盛りだくさんな人生だったとしたら、
私は後者を取りますね。
看護学校を受ける際、
「泣く程幸せになるためなら、泣く程苦しい事も頑張ろう」って
思いました。
病院では泣く程苦しかったですけどね(笑)。
おかあさんの言葉はそんな意味かな?

いろいろあって、それが人生です。
その方がおもしろい。
不幸も幸福も感じない人生なんて、
それこそ不幸な人生だと思います。
40歳になっただけあって
ちょっと台詞がおじさん臭いと自覚し始めましたわ(笑)。
和みの風
2013/03/30 20:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
40歳の朝 和みの風日記 十勝の空から宿だより/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる