和みの風日記 十勝の空から宿だより

アクセスカウンタ

zoom RSS 男性訪問看護師の役割

<<   作成日時 : 2014/04/04 06:44   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

以前来られたお客さんで看護師さんがいらっしゃいました。
その方は地域に興味があり、
訪問看護師になりたいと病院に希望を出していたそうです。
しかし断られ、結局違う病院に転職しました。

理由は…、
「男性の訪問看護師にニーズがないから」
だそうです。
そう、このお客さんは男性。
年齢は30代くらいでしょうか。
男性で訪問看護師をしている私としてはとても残念な評価です。

かれこれ8年以上なりますかね、訪問看護を始めて。
(そんなに経つんだ…)
間違いなく男性の訪問看護師にはニーズがあります。

それは男性が看護師になった時によく言われる「力仕事」ではありません。
(まぁ、確かに頼られる事もありますが…。)
「男性に来てほしくない」というニーズがある様に、
「女性に来てほしくない」というニーズもあるんです。
男性看護師がほとんどいないからこそ、
みなさん言えないだけですが、現実にそういう方はいます。
女性に家を出入りしてほしくない、
女性に身体を見られたくないなど理由は様々。
「訪問看護師が男性ならいい」という希望で、
訪問看護が開始された例もあるんですよ。

さらに、男性の視点ってやっぱり女性とは違うんですね。
男性ならそれ程問題ない修理や配線など
手早くやって喜ばれた事は多々あります。
利用者さんが小児の場合だと、
ついお父さんの気持ちになって考えてしまいます。

認知症の方など、女性が訪問してもあまり相手にされないのに
わたしが行くとすんなり導入できる事もあります。
見た目が違うから、反応も変わってくるんですよね。

画像
国は患者さんを病院で抱え込むのではなく、
出来るだけ自宅に帰そうと言う動きが活発になっています。
正に訪問看護の腕の見せ所となってきました。
つい最近、訪問看護協会でもその啓蒙のためポスターを作りました。
誰に知ってほしいのかターゲットが曖昧で、
あまりよく出来たものとは言えませんが、作った事は評価できます。
そして、このポスターにも男性の訪問看護師が登場しています。

「ニーズのない男性看護師がどうしてポスターに載っているんですかね」と、
断った訪問看護ステーションの所長に言いたい所です(笑)。
まぁ、実際男性の訪問看護ってとても少ないので、
そう思われても仕方がないかもしれません。
なにせ、北海道でも男性の訪問看護師はおそらく10人以下、
下手したら5〜6人程度かもしれません。
ただでさえ少ない男性看護師ですから、
さらに訪問看護師となる方はさらに減ってしまうんですね。

少しずつでも訪問看護に目を向けてくれる男性がもっと増えるといいですね。
こんなにやりがいがある仕事、私は始めてなので。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ランキング参加中
  現在「十勝情報」ランキング10位前後にいます。
さて今日は何位かな〜?
  とても励みになるので、今日もクリックお願いします
画像画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
貴重な男性看護師さん、がんばって下さい。
わたしも男性看護師の端くれです。
数年前まで男子禁制だった精神科女性病棟に昨年配属され、
心配も不安も多かったですが、今は楽しく仕事をさせていただいています。
GAKU
2014/05/05 00:09
精神科の女性病棟ですか…。
学生以来行った事はありませんが、
モテモテなんでしょうかね(笑)。
楽しく仕事できるのが一番です!
訪問看護もいいですよ〜。
和みの風
2014/05/05 13:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
男性訪問看護師の役割 和みの風日記 十勝の空から宿だより/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる